スコット・ウォーカー再び (JZ)

スコット・ウォーカーの全盛の頃の声が、聴きたく思っていました。このアルバムは、ソロになってからの5枚からのベスト盤です。時期は、1967年から70年。この時期辺りが、やはり彼の、及び多くのファンのイメージの素晴らしいスコットです。前回紹介した後年出たアルバム THE DRIFT は、余りにも印象が違いました。ノリの良さでは、初期のウォーカー・ブラザーズですが、しっとりと歌い上げる世界は、このソロ時代なんでしょう。どの曲も魅力に溢れエンターテイナーとしての輝かしいものに包まれています。こちらの気分を柔らげ、幸せな気分にしてくれます。個人的な出合った時期で言えば、ダスティ・スプリンブフィールドと同じ頃で彼が、その男性版のような歌唱力、大人の魅力に魅了された頃です。ソロ時代は、既になかなか聴く機会もなくで過ぎてしまったので今回の出会いは、有りがたいものでした。彼は、フランスの歌手ジャック・ブレルを敬愛していて作曲などでも影響を受けたそうですが、彼の曲を歌ったアルバムも出していたんですね。驚きました。今回のアルバム・ジャケットのデザインは、ちょっと寂しげです。これらは、今の彼のイメージと繋がる印象です。盤のデザインは、写真ではなかなか出ませんでしたが、LP盤の素朴な感じを上手く擦れた表現で再現した温かい印象です。ただ、このLPの時期が、やっはり良かったという印象とも重なり、ちょっと寂しさも感じました。
c0058954_2152505.jpg
c0058954_21535537.jpg
c0058954_21541292.jpg
c0058954_21543152.jpg

含まれるソロ・アルバムから。
c0058954_21552549.jpg
c0058954_21553982.jpg
c0058954_2156133.jpg

ウォーカー・ブラザーズ時代。
c0058954_21565592.jpg

今回の盤のデザイン。
c0058954_21572475.jpg

参考までに。
資料1
資料2
by zappapa | 2012-09-17 22:11 | 今日の1枚 | Comments(1)
Commented by TN at 2014-03-23 17:15 x
スコット・ウォーカーを愛聴するひとりです。実は、今回、聴くだけにとどまらず、誠に勝手な行為なのですがリミックス版を制作してしまいました。楽曲は「スコット・ウォーカーBBC・TVショー」に収録されている"If She Walked Into My Life"です。リミックスした楽器はアルトサックスで、演奏はストリートミュージシャンのつぼけんさんです。このリミックス版をユーチューブに投稿しようとしたのですがユニバーサルミュージック・ジャパンさんから許諾がおりませんでした。リミックスという複雑な権利問題を考えると当然なのでしょうが何とか公表してみたいと考え、皆様のお知恵とご協力を募ろうとクラウドファンディングのサイトOKDreamsに投稿いたしました。下記URLですが、ここで、とりあえず、皆様の「共感する」を募っておりますので、もし、アクセスいただけましたら最後にある「共感する」をクリックいただけると幸いです。唐突なお願いで大変失礼いたしますが何卒よろしくお願いいたします。

http://okwave.jp/okdreams/community/d8519067.html
<< ホックニー (JZ) ウォーホール再び (JZ) >>