SHINE A LIGHT (JZ)

ローリング・ストーンズの映画です。マーティン・スコーシス監督で2008年に完成。内容は、2006年ニューヨークのビーコンシアターでのコンサートで10月29日と11月1日のものです。これで初めて素直にストーンズに興味が湧いた素適な内容でした。同年ザッパ先生の息子のドゥイーズルが、父の音楽を次の世代の若者に知ってもらおうとZAPPA PLAYS ZAPPA というタイトルで彼の選抜きのメンバーによる究極のザッパ・ミュージック・ツアーが始り同年6月12日にここビーコン・シアターでコンサートがあり、参加した思い出の場所です。たった四ヶ月違いでストーンズのコンサートがあったんですね。記憶にありませんでした。映画では、監督やクリントン夫妻もちょっと出演があり楽しいアクセントですし、若手のゲストなども面白いものです。ブルース界からはバディー・ガイが元気良く出演しています。豪華なビーコン・シアターの装飾(デコ風の折衷様式ですが、スゴイです)もふんだんに見られます。既に高齢といったら失礼ですが、相変わらずのパワフルなサウンド、踊り、パフォーマンスと至れり尽くせり。曲もヒット曲中心で有難いものです。ミックのタフさには脱帽ですが、どのメンバーも味わい深い魅力で一杯です。こうなると俄然、他のCDなどにも興味が湧いてきました。彼らの変わらないロックが、かえってブルースなどトラディショナルなアプローチ、姿と共通で飽きさせない強いメッセージなんだろうと気持ちよく受け入れられました。マーティン・スコーシス監督は、ウッド・ストックからロック映画と関わってきました。最近もジョージ・ハリソンのものも好評です。今後もこういった企画を続けていってもらいたいです。
c0058954_2151213.jpg
c0058954_21513761.jpg

参考までに。
DR. DOT の記事(彼女は、ザッパ先生のツアーでのマッサージ師でした。以前ナポレオンとのツーショット写真を彼女に撮ってもらった嬉しい思い出があります。)
by zappapa | 2012-06-26 22:03 | 今日の1枚 | Comments(0)
<< ザ・ピーナッツ (JZ) 現役もろもろ (JZ) >>