MAX & CLIFFORD (JZ)

岡田氏コメントで俄然ジャズが、頭を駆け巡っています。最近入手した懐かしいアルバムです。マックス・ローチとクリフォード・ブラウンのライブ盤です。学生時代に再発盤を買って楽しみました。LPの方が、赤色がもっと眩しかったくらい強い色だった記憶です。記憶は、いい加減なもので大好きなリッチー・パウエルのピアノだと思ったら残り半分は、カール・パーキンスとなっているようです。このそれぞれ3分から7分前後の曲にきっちりと落ち着いた演奏、ソロが入りバツグンの安定感です。いいですねえ。。。先日のダリの最後の晩餐会といいこのアルバムといい1955年(昭和30年)がひとつのキーの年のようでその時に生まれためぐり合わせに何か深いものを感じてしまいます。感謝???
c0058954_2157311.jpg
c0058954_21571492.jpg

by zappapa | 2012-05-03 21:59 | 今日の1枚 | Comments(0)
<< ミケランジェロのスケッチ (JZ) ワシントン D.C. のダリ ... >>