WHERE THE WILD THINGS ARE (JZ)

マンドリンやギターの話が出たのでこの1枚を紹介させて頂きます。WHERE THE WILD THINGS ARE です。ヴァイのテクニックは、もう話す必要もありませんが、今回もまたもうひとつ上の次元に行ってしまったような印象で驚きの方が先ずありました。同時にDVD盤も出ているのでこちらを見たらもっと凄いのだろうとの思いに駆られます。前半はハード系、後半は、アコースティック・ギターで違ったソフトな世界も見せてくれます。前半でスロー・バラードのような曲は、ジミ・ヘンの曲に近い印象でこの頃かこの後辺りにジミ・ヘンの曲を演奏するツアーを行ったことと繋がっていくように思えます。テクニック以外でも曲の感じ(メロディーやリズム進行)でザッパ先生のスタイルを守っている部分もしっかり出ています。今後どんなレベルや方向性に向かうのかやはり注目して行きたい気になる存在です。ジャケットのデザインも最近のものは、なかなか凝っていて共通したものがあります。彼らしい感じで好感が持てます。
c0058954_2154111.jpg
c0058954_21533345.jpg
c0058954_21535232.jpg
c0058954_21543317.jpg
c0058954_21553311.jpg
c0058954_21544917.jpg
c0058954_21555524.jpg
c0058954_2156119.jpg
c0058954_21563227.jpg
c0058954_21564811.jpg
c0058954_21571078.jpg
c0058954_21572722.jpg

by zappapa | 2012-03-21 22:03 | 今日の1枚 | Comments(0)
<< ペリアン (JZ) ギター・オークション #7 (JZ) >>