BEST OF THE RASCALS (JZ)

大昔のラスカルズのベスト盤です。当時ヒット曲をオンタイムで聴いて好きだった思いがありましたが、その後のことは一切分からず忘れた存在でした。ヒット曲自身も思い出せない状態でした。今回聴いてみていろいろ思うところがありました。こんなにもソウル系の白人バンドだったんですね。当時ブラック・ミュージックに影響されていたのはリスナーだけでなく多くの白人ミュージシャンもそうだったんでしょうね。ブルースやソウル・ミュージックは60年代のサウンドの原点だったことを再認識してしまう印象です。メンバーのほとんどがイタリア系アメリカ人というのも彼らの独特ののめり込み具合、結束を感じます。それでも背伸びした白人ソウル・ミュージックは、70年代初期に解散で終わったようです。知っているヒット曲も1,2曲だったことも驚きでした。その1,2曲のパワーが、今まで記憶に残っていたのかとむしろ不思議なくらいです。以前、好きだったサム・アンド・デイブのベスト盤でも同じで、強烈な印象のヒット曲は、実に少ない数でした。それらの1,2曲ですが、子供たちには、凄い強烈な影響を与えていたんですね。
c0058954_21505711.jpg
c0058954_21511181.jpg
c0058954_21513121.jpg
c0058954_21514360.jpg

c0058954_215565.jpg

参考までに。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%82%BA
by zappapa | 2011-07-14 21:55 | 今日の1枚 | Comments(0)
<< BAKMAN (JZ) PITTORI ESCULTO... >>