LIVE AT THE ROXY THEATER (JZ)

ブライアン・ウィルソンの200年のライブ盤です。SMILE を完成させる前に現役復帰し、活動した時のライブです。素晴らしい内容で嬉しいです。これで彼自身も元気が戻りSMILE を完成させたくなったように思えます。2枚組みですが、とにかく温かい内容です。ロキシーと言えばザッパ先生のライブでも素晴らしいものがあります。いい会場なのでしょう。しゃべりの雰囲気からエイドリアン・ブリューと重なる人の良さを感じます。比較でのもう一枚を紹介します。こちらは、本家のオリジナル・ビーチ・ボーイズのライブ盤です。73年頃のもです。評価の高いLPでの2枚組み盤でした。残念ながら肝心のブライアン・ウィルソンは、抜けた状態です。個人的には、本家で内容もいいのですが、やはりブライアンがいないのがどうしても納まらない印象です。当然ですが、当時での曲のアレンジもありますし、音も気持ちヘビーな感じです。それに比べ、ブライアンの透明感、クリアーなハーモニー、メロディアスな曲やリズミカルな切れのよさなどは、ロキシーのライブでは十分堪能できます。声の衰えも時間を感じさせ、それらが新たな味わいのように受け取れます。とにかく有難い内容でした。
c0058954_21355395.jpg
c0058954_2136926.jpg

ビーチ・ボーイズのライブ盤。
c0058954_21364173.jpg
c0058954_21372213.jpg
c0058954_21374079.jpg
c0058954_21375364.jpg
c0058954_2138948.jpg
c0058954_213823100.jpg

参考までに。
http://en.wikipedia.org/wiki/Live_at_the_Roxy_Theatre
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%82%BD%E3%83%B3
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%BB%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%88
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%BB%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%82%A4%E3%82%BA
by zappapa | 2011-05-05 21:43 | 今日の1枚 | Comments(0)
<< KAGEROU (JZ) ED RUSCHA-65-66... >>