STAND UP (JZ)

ロイヤル・ウェディングが、こちらの朝の TV 放送でライブ中継されていました。イギリス以外でも明るいニュースは有難いです。全く関係ありませんが、せめとイギリスにちなんでとこの一枚を紹介します。彼らのデビュー盤で大いに刺激され待望の2枚目でますます期待が高まった時でした。ギターは、クラプトン的ブルース系の素適なサウンドやソロで好きです。このアルバムの後、退団したのが残念でした。ウッドストックの映画の中で主催者がインタヴューに答えているときにバックで流れていたのはこのアルバムだったか1枚目のアルバムで印象的でした。ワイト島のライブの映画で初めてイアン・アンダーソンのフラミンゴ演奏(片足を上げ、フルートを演奏)を見て嬉しかった思いがありました。その後のアルバムは、もうひとつ聴かなくなってしまいました。このアルバムに入っているバッハの曲のアレンジしたモノも好きでした。イラストも凝っています。樹の雰囲気は、ウイリアム・モリス系を更に濃くしたような印象もあります。
c0058954_2127152.jpg
c0058954_21271872.jpg
c0058954_21273519.jpg
c0058954_21275068.jpg
c0058954_2128451.jpg

参考までに。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%B9%E3%83%AD%E3%83%BB%E3%82%BF%E3%83%AB
http://en.wikipedia.org/wiki/Stand_Up_(Jethro_Tull_album)
by zappapa | 2011-04-29 21:32 | 今日の1枚 | Comments(0)
<< THE FIRST 100 Y... SURREALISTIC PI... >>