ポール先生からのCD (JZ)

昨日、話に出ましたLEE WILEY とFOUR FRESHMEN のCDです。聴いた感じでは、LEEは、派手なタイプではない印象ですが、やはり良き時代を感じさせてくれます。FOUR FRESHMENは、ビーチボーイズが、ジャズのクリスマスソングを歌ってる感じでこれまた懐かしさと良き時代が、合わさってイケてます。
c0058954_2220972.jpg
c0058954_22202295.jpg

by zappapa | 2005-04-27 22:20 | 今日の1枚 | Comments(3)
Commented by kyps at 2005-04-28 02:10 x
名手リー・ワイリーはじっくり聞かせるタイプなのか、私のようにいい加減なリスナーにはちょっと辛いです。しかし日本では根強い人気があるようで、本場よりも日本人の方がこうした思い入れは強いかもしれませんね。
Commented by (Y) at 2005-04-28 13:56 x
リー・ワイリーは写真を見るたびに顔がころころ変わりますね。上のCDのジャケットなど、どこぞのおばはんと言う感じですが、アービン・バーリンのソングブックのジャケットなど、本当に清楚で可憐な感じがします。でも確かに端正な歌い方は日本人好みですね。
Commented by (JZ) at 2005-04-28 22:07 x
僕も彼女の名誉のために一言。解説に載ってる写真では、美人とまで言えなくとも、素敵な感じです。目も大きいのです。このジャケットは、ちょっと可哀想な位のものですよ。
<< 古代の草木染による復元 (JZ) やっぱ別嬪さんが好き! (Y) >>