BEATLES DECCA SESSION (JZ)

ビートルズつながりでもう一枚です。このデッカ・セッションは、驚きました。EMI の PARLOPHONE からデビュー前に1962年1月1日にオーディションで録音した15曲からのものです。結局オーディションでは不採用となりました。当時のデッカは、大失敗。アホだったと笑われたことでしょう。それでも、そんなオーディションでこんなに演奏し、録音されていたんですね。驚きました。著作権の関係で彼らのオリジナル3曲は、入っていませんが、残り12曲を楽しめます。演奏は、上手です。音もいいです。歌声では、ジョンが、器用にいろんな歌声で歌っているようで、彼らしい印象の曲は、以外と少ない印象です。それでも、後のアルバムでも歌った MONEY などは、彼らしい歌声で素晴らしいです。この時は、まだ、ピートが、ドラムです。デッカで契約していれば、リンゴがビートルズのドラマーになったか?また、ジョージ・マーティンとの出会いがあったか?などいろいろ想像てしまいますが、運命は、やはり決められたようにしか流れなかったのかなあ?と思う次第です。
c0058954_21283994.jpg
c0058954_21285063.jpg
c0058954_2129147.jpg

参考までに。
http://ja.wikipedia.org/wiki/Beatles
by zappapa | 2010-10-20 21:36 | 今日の1枚 | Comments(2)
Commented by kyps at 2010-10-21 15:12 x
お~、これは初めて見ました。
当然、この演奏は聞いたことがありません。
デモテープが残っていることは知ってましたがCD化されてたのですね。

明日から2泊4日でサンフランシスコに行きます。
戻りは来週の月曜夜です。
では・・・
Commented by kyps at 2010-10-21 17:16 x
You Tubeで確認しました。
意外にしっかりした音はデッカのスタジオでちゃんと録音された証拠でしょうか・・・
それにしても便利な世の中になったものですね。
<< 告白 (JZ) TONY SHELIDAN &... >>