TONY SHELIDAN & BEATLES (JZ)

ビートルズの初期のハンブルグ時代にトニー・シェリダンのバックを勤めたスタジオ録音盤です。ビートルズ・アンソロジーのVOL.1 にこの時のものが2曲入っていました。今回は、その2曲及び残りが入ったものです。ジョンの歌っている1曲やインスト曲以外は、全てトニーが、唄っています。彼は、プレスリー的なスタイルのように思われます。当時のロックンロール・バンドの世界を垣間見るような印象です。演奏は、至って上手で安心して聴けます。60年代初期の爽やかさ溢れる1枚に酔いました。ドラムは、リンゴ以前のピートです。
c0058954_2128645.jpg
c0058954_2128171.jpg

参考までに。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%83%80%E3%83%B3
http://ja.wikipedia.org/wiki/Beatles
by zappapa | 2010-10-19 21:31 | 今日の1枚 | Comments(2)
Commented by kyps at 2010-10-19 23:05 x
同じ内容のLPを持ってましたがジャケットが違っているような気がします。
日本ではマイボニーがクライ・フォー・ザ・シャドーのカップリングでシングルカットされ、ちょっとヒットしましたね。

LPの頃から話題になってましたが、ジャケットに使われているのはアストリッドが撮影したものですね。
ピートが写っているのにポールの隣にいるはずのスチュアート・サトクリフが消されてます。
たぶん当時は営業的にビートルズは4人組と言うことにしたかったのでしょう。

心霊写真のように右足が少しだけ消し忘れてるのがご愛嬌でしょうか?
Commented by (JZ) at 2010-10-20 03:30 x
多分ですが、いろんな所からいろんな機会にLPでだったりCDだったりで出たのではないでしょうか?ボロ儲けできそうですから、いろんな人たちが、絡んでいるようにも。そのためにその時々で違ったデザインで出たり、デザインを変えるだけでもう一度買わせようなどと考えたのかもしれませんし。ストゥアートは、演奏に入っているのか?入っていないのか?定かでは、ありませんが、多分入っていないのかなあ?との思いです。裏ジャケットを入れ忘れましたが、ジョン、ポール、ジョージの3人だけでピートが、カットされていました。表ジャケットでも顔半分と可哀想です。
<< BEATLES DECCA S... BERLIN HIGHLIGH... >>