ラファエッロ的な頭部 (JZ)

ダリのこの絵は昔から好きですが、プライベート・コレクションのせいか余り目にすることがありません。ダリは、テクニックや美感でラファエッロを讃えていました。この絵を今よくよく思うに、それなりに意味深いです。先ず、彼の好きなラファエッロへのオマージュ。ラファエッロはローマで活躍しました。古代ローマの装飾、彫刻に開眼し一部を取り入れています。彼のお墓が、パンテオンにあり祀られています。ダリはそれらを上手く分かりやすく描いてくれたと思います。パンテオンのトップライトからの聖なる光が素晴らしいです。次にラファエッロのどの作品を参考にしたのかも興味深いですが、限りなく近いものを2点見つけました。
先ずは、ダリの作品から。(1951年)
c0058954_21402229.jpg
c0058954_2141317.jpg

次は、ラファエッロの作品。反転し40度角度調整。
c0058954_21433070.jpg

同じくラファエッロの作品。これも反転。(1505年)
c0058954_21441924.jpg

オリジナルの全体像。この作品は、ダリが別の作品でも使っています。
c0058954_21461358.jpg

もうひとつのオリジナル全体像。
c0058954_21474416.jpg

同時期(1951年)の似たイメージの作品。
c0058954_21581493.jpg

参考までに。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%80%E3%83%AA
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A8%E3%83%AD%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3
by zappapa | 2010-10-06 21:53 | 今日の1枚 | Comments(0)
<< ED PALERMO その2 ... TARKUS (JZ) >>