Congress Shall Make No Law その-2(JZ)

予定より2日早く、昨日届きました。今回は、ジャケットから想像した通りに、PMRC に関するものでした。85年から計算すると今年が、25年となるので、もしかしたら、そういった資料を公開出来る時期が来てのものではないのかなあ?との想像です。13曲に分かれていますが、12曲は、ザッパ先生が当時、その裁判やそれに関してどこかで声明として訴えた内容が収められています。各曲の始めや途中でアクセント的にシンクラヴィアでの効果音が入っていますが、コメントのドキュメント資料といった内容です。約63分。最後の13曲目にあたるものが唯一の音楽だけ(シンクラヴィア)の内容です。1分少々ですので、音楽を期待すると、違った印象の1枚でしょう。それでもこの唯一の曲が、後にシヴィリゼーション・フェイズ-2の中で完成品として聴けるもののオリジナルです。実に印象深いものです。1曲目が32分だったかの長い裁判でのコメントですが、旧ゴア副大統領とのやり取りが聞けます。ここでゴア氏がザッパ先生を尊敬している感じでの話し方も印象的です。たまたま用事でこの曲の途中でスキップしてしまいましたので、後半でシンクラヴィアの演奏があるかも知れません。すみません。(オフィシャルサイトの最新の内容では、20分ぐらいのシンクラヴィアとあるので。。。)解説は、当時ザッパ先生の弁護士だった人が書いています。印刷物の資料も入っていて充実していますが、小さすぎて読めないくらいです。当時問題扱いされた15曲のリストも出ています。今回の盤は取り外しが大変でした。中央の受け側と入れるサイズが、きつ過ぎるようです。皆さん、盤を割らず丁寧に扱って取り出してください。
c0058954_21502940.jpg
c0058954_21504114.jpg
c0058954_2151023.jpg
c0058954_21511142.jpg
c0058954_21512283.jpg
c0058954_21513453.jpg
c0058954_21514934.jpg
c0058954_2152354.jpg
c0058954_21521683.jpg
c0058954_21522994.jpg

参考までに。
http://en.wikipedia.org/wiki/Parents_Music_Resource_Center
http://www.zappa.com/fz/discography/2010csmnl.html
by zappapa | 2010-09-28 21:58 | 今日の1枚 | Comments(1)
Commented by zappapa at 2010-09-29 22:10
(JZ)です。再度聴きましたが、残念ながら1曲目の後半も面白い内容の裁判での会話でした。シンクラヴィアの音は曲頭、途中に入った効果音のみと13曲目全部といった内容です。
<< Standard Gas St... BOB JAMES - HE... >>