ON THE CORNER (JZ)

最悪の天気。雪のため、通勤に3時間。とほほ。。。。締め切りがなければ休みたかったです。さて、気分を取り直して、MILES の ON THE CORNER です。72年の録音ですが、エレクトリック・セッションのボルテージは、上がって行くばかり。。。。1曲目のマクラグリーンが、それ以前のビッチェズ・ブリュー以外の味やスタイルをマイルスに要求され、ザッパ先生的なものを試したか出してみたのでは?との印象でした。1曲目といっても5曲目辺りまで全く切れることがないので、録音後に数曲にしたといった印象です。この有名なプロヂューサーのテオ・マセロが、なんとサックス・プレーヤーだったことと、この1曲目に参加していることに驚きました。2曲目(実際か6曲目あたりから)でインドのようなタブラーなどが加わりがらっと変わります。実際マイルスたちの演奏が加わるとインド色が消えてしまうのが、可笑しいですが。。。。この時のジャック・ディジョネットなのか定かではありませんが(クレジットに2名ほどなので)ドラムのリズムのたたき方が、印象的で驚きました。凄いです。常にセッション的に行うにしてもマンネリ化を常にさけていたのでしょうね。そういうゲキが飛んで緊張しながら今までになかったぶつかり合いで一期一会的な凄いサウンドが出たのでしょうね。ネタの無くなった人は別のメンバーに変えられてどんどんセッションしていったのではないのかなあ?との印象で聴いています。このセッションのコンプリート盤が、6枚組みで出ているようです。とにかく凄い時期です。
c0058954_2340574.jpg

c0058954_2340165.jpg
c0058954_23402589.jpg

参考までに。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC
by zappapa | 2010-02-26 23:42 | 今日の1枚 | Comments(0)
<< REM D KOOLHAAS ... 柳に風 (JZ) >>