TENESSE WALTZ (Y)…1995回目

 冬の工作シーズン(?)を迎えて、時間を作ってこつこつと古い音源をデジタル化していますが、今日は古い国内盤SPの音源取り込みに先立って、ジャケットやらインナースリーブやらレーベルなどのミニチュア化をしました。丁度うまい具合に江利チエミさんの「TENESEE WALTZ」のSP盤が手元にあり、それもかなり奇麗なジャケットだったので、早速スキャンして試作してみました。
c0058954_11491084.jpg
 うーん…前回のビートルズ同様にうちのレーザープリンタは朱色に癖があるようですね。画面上ではピッタリなんですが、カラーマッチングをさぼっていたこともあってイエローが強く出ています。ま、テスト版なのでこんなものでしょう。また時間を見つけて再調整することにします。
 さて、今日はこれから選曲と音源の取り込みです。月本様、もう少しですから待ってて下さいね(笑)。

    【2000回まであと5回】
by zappapa | 2009-11-29 11:54 | 今日の1枚 | Comments(6)
Commented by 林檎@良い出来ですね〜 at 2009-11-29 17:51 x
確かに、赤の発色が少し薄い様な気もしますが、素晴らしい出来です!丸く中央部を抜くのは、カッターで切るのですか?凝っています。
こちらも、たまりませんね!
キングのデザインも秀逸です。
Commented by (Y) at 2009-11-29 18:54 x
そうなんですよ。うちのレーザープリンタの赤の発色に癖があるんですよ。いつも苦労します。まあ妥協しながらしか色合わせはできませんが。中央部の切り抜きは円形用のカッターで切り抜きますが、これまた一苦労です。もちろん一枚用意していますから、ご安心のほどを(笑)。こちらは1950年代の曲ばかりです。
Commented by 月本夏海 at 2009-11-30 00:20 x
うわっ、それにしてもすごい凝りようですね。
最近はCDやDVDをつくる時の盤面とかマッキーで書いている私の場合、感心するのみです。
まったくもって恐縮でございます。
Commented by 林檎@よく見ると at 2009-11-30 00:42 x
SPのジャケットをスキャンしてCDサイズのジャケットを作り、その中央部を丸く切り抜いて、中のレコードのレーベルを見せている作りですが、そのレーベルは、CDの内袋となっているのですね。CD自体はそのレーベルを拡大した作りになっていると言う、信じられないほどの凝り様です。ふ〜。驚きましたね。
Commented by (Y) at 2009-11-30 00:58 x
月本様、林檎@様
僕の場合、凝っていると言うよりも取り憑かれているのかも知れません(笑)。なんとかCD-Rからデジタル臭さを取り除きたくて、必死になってパッケージ作りをしていると言うふしがあります。音楽がデータだけだったら味気ないじゃないですか! でも、実物を見てがっかりしないで下さいね(笑)。適当に手抜きもしていますので。その際には平にご容赦と言うことで。
Commented by 林檎@プリンタの癖? at 2009-12-11 23:27 x
>うーん…前回のビートルズ同様にうちのレーザープリンタは朱色に癖があるようですね。画面上ではピッタリなんですが、カラーマッチングをさぼっていたこともあってイエローが強く出ています。

先週、印刷関係の人と話していたら、レーザープリターの一番の問題点が、赤の発色にあると聞きました。あ〜だからんなだと、すぐにこの事を思い出しました(笑)
<< 曖々たり (JZ) 1996回 MEET THE BEATLE... >>