パリ テキサス (JZ)

この映画を見てアメリカに行く最終の決心をしたようなもんでした。内容も音楽も渋く切ない世界で僕としては、捨てがたい思い出の映画です。
c0058954_22425453.jpg

by zappapa | 2005-03-23 22:43 | 今日の1枚 | Comments(5)
Commented by (Y) at 2005-03-23 23:35 x
このポスター(?)を見るだけで、ライ・クーダーのスライドギターが頭の中に響いて来ます。あと、ナスターシャ・キンスキーの真っ赤な口紅ですね。ナスターシャ・キンスキーと言えば僕にとっては「キャット・ピープル」です。単にビジュアル的に好きなだけで、内容は関係ありません。ちなみに「パリ、テキサス」を一緒に見たうちの奥さんからは「頭が痛くなる」というコメントのみを頂きました。
Commented by (JZ) at 2005-03-24 00:26 x
ウーン!やっぱり、奥様からは、僕は、変態扱い組みに入れられてしまってるのでしょうかねえ。トホホ!!!!!
Commented by (Y) at 2005-03-24 01:45 x
うちの奥さんはヴィム・ペンダースのロードムービーとか、エルトポとかといった、勧善懲悪のストーリーがないものが苦手なだけです。本人いわく「どろどろ、ぐちょぐちょや、心理描写中心の映画は見る気にならん」そうです。そういえば昔、船でアマゾンを遡り船ごと山越えをしてオペラハウスを作るというような映画がありましたが(確か「フィツカラルド」というタイトル)、一緒に見に行った当時の彼女も「何これ?」と言って不機嫌になりました。中々映画の趣味の合う女性に巡り合えません(笑)。
Commented by (K) at 2005-03-24 07:48 x
パリテキサスも勿論よかったですがフィツカラルドも良い映画でしたね。何故女性にはこれがわからないんだ!!『カスパハウザーの謎』もかなり良かったです。それにしても、何故、やれとほチームが同じ感覚を持っているのかが非常に不思議です。
Commented by (Y) at 2005-03-24 21:53 x
恐らくそうだと思いました。(K)さんならフィッツカラルドに反応するだろうなって(笑)。やっぱり不安定なものに対するシンパシーとか、不条理なものに対する親近感ってあるでしょ? ま、そういうことです。
<< この人たちがミルス・ブラザーズ... こういうのが、ありました。 (JZ) >>