LES PAUL (JZ)

94歳になっても現役で素晴らしいですが、新品で安くなってるモノを見つけ、ゲットしました。2005年のトリビュート的な趣で作られていますが、総てに彼自身ギターで参加したものでした。ロック、ジャズ、ブルースといろんなジャンルですが、面白い個性の集まりのものでした。いつもあまり聴かない人たちもあり、楽しめました。ジェフ・ベックは、オールド・スタイル的で地味な感じに徹していました。レス・ポールも歳を感じさせない力演でした。2005年は、彼の90歳の誕生日の祝いでこのアルバムに参加のメンバーでニューヨークのカーネギー・ホールでお祝いコンサートが、あったようです。
c0058954_21265792.jpg
c0058954_21272592.jpg
c0058954_21273693.jpg
c0058954_21274614.jpg

参考までに。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%AB
http://www.buzzle.com/editorials/9-5-2005-76147.asp
by zappapa | 2009-07-24 21:33 | 今日の1枚 | Comments(1)
Commented by (Y) at 2009-07-26 21:35 x
レス・ポールの名演と言えば、どうしてもビング・クロスビーの「It's been a long long time」となりますね。メリー・フォードとの数々の競演も捨て難いですが、「It's been a long long time」でみせるオプリガードは、数あるスタンダード曲でも屈指の物だと思います。奇をてらわず、でもちょっとだけ饒舌にビング・クロスビーのボーカルに絡まる様にフレーズが展開されます。基本的にはやはりジャズの人なのでしょうね。あとは80年代のチェット・アトキンスとのコラボも素晴らしかったです。
<< HEAD HUNTERS (JZ) 忍びの者 (JZ) >>