MAHAVISHUNU (LIVE) (JZ)

ビッチェズ・ブリュー以来ジョン・マクラクリンに興味が、いっています。友人O氏からのお勧めが、このライブです。やっと探して手に入れました。73年夏のセントラルパークでの演奏らしいです。ジャケットにもあるように表が、宇宙。裏が、蓮の花と当時の彼の衣装もさることながらかなり宗教っぽい印象です。演奏も静と動を強調した内容です。ずっと敬遠してきましたが、素晴らしい演奏です。YOU TUBE で最近の演奏でチック・コリア、ヴィニーとのものが、うれしいです。ドラムチ・ャンネルでの元のザッパバンドのドラマーたちとルースが、当時の話をしている中でも盛んに当時のマハヴィシュヌとのこを話していたのが印象的です。
c0058954_2240157.jpg
c0058954_22401298.jpg

参考までに
http://en.wikipedia.org/wiki/Between_Nothingness_and_Eternity
http://en.wikipedia.org/wiki/Mahavishnu_Orchestra
by zappapa | 2009-01-15 22:42 | 今日の1枚 | Comments(3)
Commented by (Y) at 2009-01-16 00:08 x
僕は初来日の時に見ましたよ! 凄いコンサートでした。ちょうど「火の鳥」が出た直後で、もちろんオープニングも「火の鳥」で、ビリー・コブハム曲の開始を告げる合図のドラを鳴らすとそこからは興奮のるつぼ。ヤン・ハマーのシンセのフレーズが当時としてはもの凄く斬新でした。あれは73年? 72年? そんなころです。坊主頭の中学生でした。
Commented by (JZ) at 2009-01-16 03:21 x
スゴイ話です。当時そんな音楽を聴いていたY氏にひれ伏しますよ。。。ヤン・ハマーなんてベック時代からしか知りませんでした。
Commented by (Y) at 2009-01-16 13:10 x
ヤン・ハマーは最初からギターのようなフレーズでシンセを弾いていましたよ。想像の範囲を出ませんが、BECKもマハビシュヌ・オーケストラを意識していたからこそ、「Blow By Blow」という傑作を生んだに違いありません。
<< 聖徳太子と平山郁夫氏 (JZ) TUSCANY-2 (JZ) >>